お知らせ

労働基準法違反による書類送検に関する弊社の取り組みについて

2020年2月19日

各位

株式会社セラヴィリゾート泉郷

代表取締役 小西 滋


労働基準法違反による書類送検に関する弊社の取り組みについて


今般、弊社は労働基準法違反の疑いで、甲府労働基準監督署より書類送検されました。
関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけする事態となり、心より深くお詫び申し上げます。弊社はこの度の書類送検の事実を厳粛に受け止め、下記のとおり、書類送検に至りました経緯と再発防止への弊社の取り組みについてご報告させていただくとともに、労働基準法の遵守と労働環境の改善に向けて全力で取り組んでまいります。


1.事件の経緯
今般、弊社は甲府労働基準監督署より、弊社が運営する宿泊施設「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」の労働者4名に対して36協定の特別条項の限度を超える違法な時間外労働を行わせたという労働基準法違反の疑いで、書類送検をされるに至りました。

2.再発防止に向けた取り組みについて
弊社は、2018年7月に公表致しました第Ⅱ期中期経営計画に謳う8つの基本方針に掲げる「従業員を大切にします」「安全は全てに優先します」との方針に基づき、コンプライアンスの重視、労働時間の適正管理および長時間労働防止のための施策を掲げ、改善に取り組んでまいりました。
しかしながら、今般の書類送検という事態を招いたのは、かかる方針・施策への取り組みと、36協定を遵守するという法令遵守の意識を、会社として徹底できていなかったことが原因であると考えます。
今後、かかる事態の再発防止に向け、労働時間の適正管理および長時間労働防止に関する意識改革を図るとともに、引き続き社内労務改革を軸とする法令遵守に努める所存です。

以上

    ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
    〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸8741
    TEL.0551-38-2336
    アクセス
    ページトップへ
    サイトマップ